ash's cafe _ fummy's world

欲張りfummyのワインのある暮らし                                                  食べ歩き in 北九州 / 福岡

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

MAISON LAFITE♪ 

    
 
3月20日 春分の日

念願のフレンチレストラン

「メゾン・ラフィット」へ お伺いしました
 

実は去年のX'masに予約を試みたのですが

満席で断念


ずっと行きたくて なかなか行けなかったのは

小倉⇒博多⇒博多南 新幹線を乗り継いで

それから タクシーで15分

何気に遠いのです(笑

それでも どうしても行きたかったのですよ


ランチは 11:00~ 13:30~の 完全予約制で

13:30~予約

到着したら 二回転目は私達だけだったようで

店内貸し切りでした


DSC07576.jpg 

ウッドプレートのテーブルセッティング

カトラリーも おっされー


DSC07573.jpg 

まずは 泡々で乾杯です


DSC07579.jpg

「じゃがいもと鱈のディップ」 豆のクラッカーに乗せていただきます 


最近「記憶喪失」 著しいので(笑

スタート早々 「本日のメニュー表」をリクエストしてみましたが

ご準備がないそうで 残念

「記憶」と戦いながらの お食事です(嘘 


  DSC07582.jpg
 
続きましての前菜 「クリアトマトのスパゲッティ」 と

ふっわふわ「アーモンドマシュマロ」  「キャロットジュース」(泡)

器がウッディ調で 森の中へといざなわれるよう。。。 



DSC07580.jpgDSC07583.jpg 

さりげなく置かれた テーブルフラワーも素敵でした



DSC07586.jpg 

プリリンとした プレートで運ばれて来ましたのは・・・


DSC07588.jpg 

パースニップとカリフラワーのムース

パースニップとは 人参似た根菜で

その上に雲丹と烏賊と 極細スライスのカリフラワー

これ 液体窒素で凍らせてスライスしてるのかな?

チーズと思う位の薄さでした

 


DSC07590.jpg 

バケットに添えられた イギリス産の平らな天然塩

(サンドン塩って聞こえたけど。。。)

イタリア サンジュリアのオリーブオイル

スポイドが添えられてて 遊び心満載

オイルが美味しくって 何度も何度も吸い出されてました(笑
 

DSC07593.jpg 

かますと三種貝(タイラギ貝・ムール貝・ツブ貝)と春野菜

春菊のソースで

貝が三種類なので ワインも三種類!?



DSC07594.jpg 
   
ソースのグリーンが とても鮮やか

 かますの旨味が凝縮されてて  美味しかった

マリネしてローストかなぁ? スモークかなぁ?
 


DSC07596.jpg DSC07581.jpg

グラス並べて 飲み比べ

えぇ その為に車ではなく わざわざ新幹線で来ましたからぁー

お料理に合わせて ワイングラス4種類 6種類のセットがあったので↑

 お昼ですが 4種類でお願いしました

この日の 夕飯は抜きですよ!!! (タブン


一番左のドリンクは 「宮古島ゴールデンパインジュース」と迷って

「信州手搾り白桃ジュース」なのらしい(笑


DSC07597.jpg 

大きな窓の外には こんなのどかな風景が広がります

途中 畑仕事してるおじいちゃんとかも見えたりして

なんとも のんびりとした時間が流れます

お天気良かったら 青空綺麗だったんだろなぁ。。。


 
DSC07600.jpg

続きまして 「焼いた蕪と蛍烏賊のスープ」

器も美しく うーん 美味しい
 
スープ好きさん 小躍りw

蕪はバターソテーかな? 

次回チャレンジしてみます!!

 


DSC07607.jpg

先ほどのかますが「お魚料理」だと思いきや もう一皿


DSC07609.jpg   

真空調理 「甘鯛の鱗焼き」

万願寺唐辛子などの 野菜使いもお上手で

柚子とケイパーのソースが添えられてました

鱗がサクサク 中フワフワ 



ワインの説明は 辛口白ワインは 「サンセール」

フルーティな白はアメリカ産のシャルドネ 「シュグ」との事

エチケットの写真撮らせて貰えば良かったのですが

今回 ボトルの写真 全て失念しておりますので

検索してみました 多分コレです↓

 
11210834_4ec98e7195e2d.jpg

シュグ・カーネロス【SCHUG CARNEROS】

日ごろ白ワインは 辛口の方を好みますが

このシュグは 程良く酸味もあり美味しかったです



赤ワインは お好みで選べるとの事で

お肉のメニューと 選べるワインの品種を確認してからのコチラ↓

DSC07613.jpg 
            
『BALLOT MILLOT』 BOURGOGNE

こちのブルゴーニュは以前に飲んだ事があったので

エチケット覚えてました


DSC07615.jpg 

シックな黒のプレートで 登場しましたのは・・・


DSC07617.jpg 

スペイン産「ガルシアポークのロースト」

とっても柔らかく 恐らく低温調理だと思われます

柿やむかごが添えられてまして

マスタードのソースがまろやかで コクがあって美味しい

赤ワイン 抜栓したて

まだ少し若く 開くまでもう少し時間が欲しい感じではありますが

 「ピノ・ノワール」で正解!!

DSC07614.jpgDSC07606.jpg
お口直しのシャーベットは カシスのチュッパチャップス風

ガラス越しに見えます 工藤シェフ ↑
 

DSC07618.jpg      
デセール: チーズケーキとシャーベットとフルーツ 

視覚的にも 楽しめるプレートです
 
DSC07622.jpg 

小菓子

食後の飲み物は コーヒー 紅茶が選べました


工藤シェフのお料理は どれもアートのように美しく

器と一体化してて 素材を生かした優しい味付

それでも味付けに 一切の物足りなさが感じられないのは

どれも素材の旨味を上手に「凝縮させて」 使っているからだと思います

本当に 遠道遥々 来て良かった



大満足なホワイトデーランチ (←理由は後付けw)

遠くまでお付き合い どうもありがとう

そして至福のひととき ご馳走様でした



MAISON LAFITE(メゾン ラフィット)

TEL 092-953-2161
住所:福岡県筑紫郡那珂川町大字西畑941

営業時間: ランチ/11:30~14:00

ディナー/17:30~21:00

予約制



HP: http://maisonlafite.web.fc2.com/

食べログ: http://tabelog.com/fukuoka/A4003/A400301/40023784/



関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fummy0712.blog54.fc2.com/tb.php/1354-c4dcb043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。